心にブックマーク

(趣味ブログ) 

「数」と密接な関係にある音楽は現代ではアプリで誰でも曲を作れるまで技術が進歩しました。

古代では芸術は天文学などと同じく数を扱う学問の一つとされていました。

ピタゴラスが音階を作った(周波数の比率2:3(=完全5度の積み重ねから)

※完全5度は半音を2カ所含むシからファを除いた*ド-ソ *ソ-レ* レ-ラ*などの音程関係をいいます。

ということからも「音」って数学の世界と切ってもきれない関係にあることがわかります。

私たちが普段接している平均律の西洋音楽とは異なる理論書を読んでいたところに久々に「ピタゴラス」の文字を見たのでした。

ふとつい、あらためてピタゴラスについて知りたくなり、いくつかのサイトを開いたら飛び込んできたa^2+b^2=c^2 。。。いつの間にか三平方の定理(=ピタゴラスの)で直角三角形の辺の長さを求める問題を夢中に解いている自分がいました。。。

こんなン書いてるなら自分の勉強に集中したらぁ?という内なる声が聴こえてきました・・そうですね、たしかに・・寄り道しながら音楽理論のその部分の理解に結局3日かかってしまいました。

今の時代、右上に小さく書けない2乗の乗は「^」で表すことを知ることもできたのは収穫で、思わず心にブックマークしました♪