おしゃれな響き

最近ハマっています。伴奏にいかにおしゃれな響きを入れるか?ということに…。

普段のピアノレッスンでも基本の進行は取り入れています。最低限必要なこと、たとえば♯♭数個までの調性、主要な和音などは曲の中で常に確認しながら指導しています。そのためか理論を十分に理解できて、メロディにコード伴奏を付ける必要がある場合では大抵の生徒が基本を難なく出来ます。しかし、私自身がそれでは満足しなくなってきてしまいました。それら基本の和音に「jazzyも含め洒落た響き」を足したくて仕方がなくなってしまったのです。演奏は頭でわかったつもりでいても音に出来なければ意味がないと思っています。そしてレッスンで実践していかないとその指導が安定したものにならないとも思っています。時々私自身混乱してしまう時がありますが、しばらくこの類いをメインにレッスンをしている生徒には修正しながらレッスンしています。(スミマセン)いずれ、理論がわからなくてもメロディがあるだけの楽譜でも素敵な左手伴奏を付けたり、やがて即興演奏につながるような・・ひとりひとりレパートリーがあるだけでなく「ピアノ」を自由に楽しめて、さらに音楽の世界や可能性が広がってくれたらいいな、と考えています。あくまでメインはピアノテキストですが、少しの時間を割いてどうやったら効率よくわかり進歩的に流れをつくってレッスンに取り入れられるかを思案中です。

なぜ、このような状況になったかというと、最近「アレンジ」された音楽をYouTubeで観たり聴いたりしている生徒が意外にも多いことを知ったからです。時代の変化を感じました。またレッスン後に時間を少し頂戴して伴奏付けをした後に、このような事ってどう思う?と尋ねたところ、「知りたい」「幅が広がる」「知っておきたい」などという答えが返ってきました。音楽にこのような知的好奇心を持ってくれるていることに嬉しさでいっぱいでした。私にとって良いきっかけとなりました。何てこと無い響きでもある一つの音を足すだけで色彩感が出るような豊かでおしゃれな響きになります。これらは少なくとも指導する立場である場合、フィーリングやデタラメでなく理論にのっとったものでないといけない、と思います。久しぶりに最近使っていなかった脳の部位が活動しているのを感じる日々を送っています。

今年は春に発表会が終わったばかりですが秋も発表会があります。発表会後には少し違ったレッスンが出来るよう私自身もがんばろうと思っている今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です